薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

高齢者が注意するべきの相互作用について

これは皆さんにも充分に想像できることだと考えられますが、同じ薬同士の相互作用であったとしても、若く体力がある世代が服用したケースと、身体機能が低下している高齢者が服用したケースとでは、その影響も大きく変化してくることになります。
高齢者の場合は飲み合わせによる相互作用が起きやすく、その影響についてもカラダへ重篤なダメージを及ぼすものが多いということを認識しておきましょう。

つまり、高齢者ほど専門家のアドバイスを守って薬を服用する必要があると言えるわけです。

特に強い効果を期待されている「抗がん剤」「帯状疱疹治療薬」などは、相互作用によって死亡してしまったケースもあり、世間ではニュースで騒がれたこともありました。
糖尿病の治療薬と風邪薬なども相互作用が表れやすく、血糖値を低下させる効果が必要以上に発揮されてしまい、低血糖症を招いてしまうという危険性も指摘されているようです。

このように相互作用で起こる副作用は軽度なもの、重篤なもの、即効性の高いもの…など、様々に存在しているので油断できないものなのです。

Bookmark 健康・医療関連