薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

食間・食前・食後に飲む意味について

お薬を飲むタイミングとして指示されることが多い「食前」「食間」「食後」の三つについて、それぞれの目安となる時間の考え方をご紹介しました。
では、それぞれのタイミングが持っている意味についてクローズアップしてみたいと思います。

食前に薬を服用する意味合いとしては、空腹時に高い効果を発揮することになる薬の服用でしょう。
吐き気を抑制する効果を持っている薬であったり、漢方薬、食欲を増進させる薬などは、食前の服用を指示されることが多くなります。

食間に薬を服用する意味合いとしては、食前と同様に空腹時に飲むことを狙ってのことでしょう。
このタイミングで服用する薬として有名なのが、消化性潰瘍を治療するためのお薬です。

そして食後に句刷るを服用する意味合いとしては、胃の中に食べ物が残っている状態で飲むことを期待しているものであり、薬の効果で胃が荒れてしまうのを防ぐ目的があると言われています。
何らかの都合で食事が取れないような状況であったとしても、牛乳を飲むだけでも良いので、何かを胃に入れた上で服用するように心がけましょう。

Bookmark 健康・医療関連