薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

飲むタイミングとなる食前・食間・食後

カラダが不調な状態に陥ってしまった場合、病院へ足を運んで医師の診断を受けることになるわけですが、最後にお薬を処方されることになるのが一般的でしょう。
その際に色々な説明を聞くことになるわけですが、その中でも薬を服用するタイミングについて注意を受けることがあります。
つまり食前・食間・食後といった服用タイミングの指示です。

お薬と一緒にもらう説明が書かれた書類や、お薬の入っている髪袋へ記載されていることがあるわけですが、このタイミングをシッカリ守ることも、お薬の効果を最大限に発揮させるために必要な前提条件となります。

目安としては「食前」が食事の30分前、「食間」が食事から2時間ほど後、「食後」が食事から30分以内となっています。
この中でも食間の定義が意外なものに思われるかも知れませんが、食間とは食事の最中という意味ではないので、充分に注意するようにしておきましょう。
意味がまるっきり異なってくることになりますから、薬の効果が最大限に発揮されないばかりか、想定されていない副作用を呼び込んでしまう可能性も充分にあるのですから。

Bookmark 健康・医療関連