薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

専門家の指示通りに服用しましょう!

今や私たちの日常生活に深く溶け込んでいて、健康を守るためには必需品とも言える薬ですが、一つの薬が一つの効果を持つというわけではなく、一つの薬が様々な作用をカラダにもたらすことになります。
それらを大きく二つに分けるとすれば、主作用・副作用に分類されることになるでしょう。

主作用は薬がカラダに与える良い影響のことを指しているのが一般的であり、副作用はカラダへ悪影響を及ぼしてしまう面のことを指していることになります。

副作用がゼロではないから飲まない…という選択が出来れば良いわけですが、主作用の効果(メリット)が副作用の悪影響(デメリット)を上回るからこそ、どのような薬であっても必要としてる人がいるというのが現実です。
もちろん適切な量や服用方法を守ることで、副作用を極力なくすることは可能でしょう。

つまり、医師や薬剤師といった専門家の指示を守って、正しい方法で薬を服用することが絶対必要条件となるわけです。
また、服用したことでカラダへ想定していないような変調が表れた場合にも、医師や薬剤師に相談することが重要となります。

Bookmark 健康・医療関連