薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

子供に服用させる上手な方法について

子供に薬の服用をさせる場合には、大人と違ってそれなりに上手な方法というものが存在しています。
例えば「水薬」「粉薬」を服用する必要があるケースでは、子供が飲みやすい味にするためにジュースや砂糖を一緒に飲ませても良いのです。
ただし、こうしたアイディアから乳幼児のミルクに混ぜて薬を服用させてしまうと、味が変化することでミルクを飲みたがらない子供になってしまう可能性も指摘されています。
つまり、ミルクに混ぜるという選択肢だけは避けておくのが賢明だと言えるでしょう。

小児科で処方されたり、市販されているようなシロップについては、甘味料などで子供が飲みやすいような味になっていますが、自制心が無い子供の手が届くところに保管しておくと、勝手に飲んでしまって飲みすぎてしまうという危険性もあります。
薬の保管には保護者が充分に気を使う必要があると覚えておきましょう。

また、乳児が下痢をしているような状況であれば、薬をジュースや砂糖で飲ませるのは避けるべきです。

Bookmark 健康・医療関連