薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

小児疾患の特徴を知って薬を役立てよう!

小児疾患の特徴を知ることで、正しく薬を役立てたいものですね。
つまり子供の病気についての特徴を知っておくということになります。

子供は身体の抵抗力が充分に備わっていないため、ちょっとしたことでも病気になりやすいものです。
特にウイルスなどで伝染性の高い病気については、その感染率も高いという特徴があります。
病気の症状が進行するスピードも速いわけですが、反対に回復するスピードも速いという面も見受けられます。

子供に自分自身で薬を服用させるボーダーラインとしては、年齢で言えば6歳前後であると言われています。
6歳未満の子供が薬を服用する必要がある場合には、常に保護者が服用をさせる必要があることを覚えておきましょう。

そして、子供たちは病気などの危険へ対して、決して自分自身の意思で防御・自衛を行うことは出来ません。
症状などを説明させても、充分に表現できるだけの言葉を使いこなせないことも多く、年齢が低いほどに大人との差が激しく広がっていくことになります。

Bookmark 健康・医療関連