薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

同じ薬でも子供と大人では注意点が異なる?

大人が飲んでいる薬をそのまま子供が服用するということに関しては、皆さんの想像している以上に敏感になっておくべき問題であると先に申し上げておきましょう。
子供のカラダというものは、常に成長している過程にあるものですから、単純に大人のカラダが小さくなっているという認識では不十分なのです。

つまり、大人の薬を量を減らして与えれば充分…という適当な考え方は当てはまらないということを知っておきましょう。
大人が自分の飲んでいる薬を無警戒に飲ませるのは好ましくはありません。

小児科の医師はこういった注意点を充分に熟知している専門家です。
小学生くらいの子供でも発育過程にあるわけですが、これが新生児や乳幼児ともなると、更に発育のスピードが速い状況にあるわけですから、薬の服用については繊細な判断が必要となってきます。

身体機能や免疫機能の成長の度合いであったり、そもそもの体質の個人差などが大きくことなっている時期ですから、仮に同じ薬を服用した場合であっても、表れる効果については千差万別といった様相を呈しているのです。

Bookmark 健康・医療関連