薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

服用の間隔を空けて副作用を防ぐ方法

何らかの不調を治療してもらいたくて病院を訪れているのが患者さんですから、治療のために必要な薬が副作用の懸念があるものであったとしても、服用をしなければ症状が改善が期待できないというケースも存在しています。
副作用そのものを防ぐことが出来なくとも、医師は治療のノウハウを持っているものですから、副作用を最小限に抑えつつ、完治へと導く方法にも長けているものです。

一般的に、副作用が予測される薬の飲み合わせなどが懸念される場合には、それぞれの薬の服用間隔を長く開けておくことで、副作用を防ごうという判断がなされることが多く、そのための服用タイミングについて指示が行われることになるでしょう。

また、薬を服用する量を減らすことで、じわりじわりと症状を改善させつつ、副作用についても軽度に押さえるという選択が行われることも考えられます。
いずれにしても処方された薬の特徴を知っておくことが大切ですから、医師や薬剤師の指示やアドバイスにはしっかりと耳を傾けるようにしましょう。

Bookmark 健康・医療関連