薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

予測できる副作用と予測できない効果

医療技術は日進月歩ですから、お薬についても従来は副作用があったようなものであっても、現在では副作用を及ぼすことがないような工夫が施されていたりということも普通にあります。
しかしマシーンのようには行かないのが人間のカラダのアナログな部分でもあり、まだまだ予測できないような副作用が潜んでいる可能性もありますし、体質やアレルギー有無といった個人差によっても、お薬の副作用の兆候は変化してくることになりますから、永遠に挑戦を続けなければならない分野なのかも知れません。

お薬の副作用として一般的な症状としては、アレルギー反応が出たり、めまい、突発的な眠気、胃腸機能への障害…などが挙げられます。
薬の効果として予測できるケースもあれば、起こらないはずの副作用が起こってしまうといった予想外のケースも登場することでしょう。

ある程度健康な状態であれば副作用が出ないような人であっても、病気などで身体機能が弱っている状況だからこそお薬を服用するわけですから、やはり副作用が出やすい状態ということになってしまいます。

Bookmark 健康・医療関連