薬の情報を収集中のかたは、こちらもご覧ください。

日常生活で薬を役立てるためのアドバイス集

人間が薬を使い出したのは、遥か太古にまで遡ることになるのでしょうが、最初から「薬」として使っていたわけでは無いでしょうし、また、クスリとも呼ばれてはいなかったことでしょう。
カラダに起きている不調を治療する方法として、現代では医学に基づいて治療を行うのが当然となっているわけですが、人類の歴史の中には祈祷や呪術に頼っていた時代があることも事実です。

そんな歴史の中で、人類は人体に良い影響を与える植物を見つけ出し、成分を調べ上げ、その組み合わせや副作用などのデータベースを構築しながら、今に至っているというわけですね。

さて、現代の日本に目を向けてみると、国が認可している薬だけでも2万品目〜3万品目ほどの種類があると言われていて、その大半が科学技術によって合成などを行われたものとなっていますが、太古から発見されていた薬や植物で、現代でも利用されているという薬も存在しているのです。

日本は長寿の国として世界的にも知られているわけですが、その土台を支えているのは間違いなく薬の効果にあると言えるものでしょう。

Bookmark 健康・医療関連